« 一歩前進! | トップページ | 8月のライブ&参加イベントです。 »

器用と不器用

昨日、知恵の輪をカシャカシャやりながら、とあるピアニストは自分の事を不器用だと言っていました。僕は「まさか!?」と思ったのですが、それは謙遜では無さそうなのです。

一流のアーチスト、アスリート、そして学者には不器用を克服して大成された方達がたくさんいます。むしろ期生概念を壊し革新的な大業を成し得るのは不器用人間ではないでしょうか…。

とあるHPで例は少ないですがおおまかに分類されてました。

☆器用派…学者ではニュートン、マクスウェル、スポーツ選手では、長島、ヒンギス。

★対する不器用派…ファラディ、アインシュタイン、王、グラフ。

音楽家が載ってなかったのは残念でした。

これだけで判断するのは短絡的ですが、不器用派から大成された方は器用派を上回るような気がします。

そういえば、昔フラメンコギターを習ってた時、「君は器用だから駄目なんだ!」と叱られてた生徒さんがいました。要するに、中途半端に手先が器用なため手弾きになっているという事なのだろうか…。

というわけで、不器用から数々の困難を乗り越えて、すばらしい演奏を聴かせてくださったそのピアニストを僕は益々尊敬したのでした

|

« 一歩前進! | トップページ | 8月のライブ&参加イベントです。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214381/15829661

この記事へのトラックバック一覧です: 器用と不器用:

« 一歩前進! | トップページ | 8月のライブ&参加イベントです。 »