« 本当のボランティア | トップページ | 最近の夜の楽しみ。 »

こだわる→心を込める

今日の昼はカップ麺です。ふたを開けようとしましたら

「変わらない、こだわりの美味しさ」

と書いております。
別にたいして美味いカップ麺ではありませんので、変わって欲しい気もしますが…。

僕が以前から気になる言葉「こだわる」。
僕は束縛の要因だと思ってます、

早速ネットでこだわるの意味を検索すると…

1、それだけを唯一、至上の目標として手中から離すまいとする事。

2、関心が一定の枠内に限られ、思考、選択の自由が妨げられる。

3、優先的にその事に関心を持ち、その物事の良さを見い出し、深い奥行を極めたいと思う事。

とまあ大体こんな事が書かれてました。

1はちょっとマイナスかなあ。
2は完全にマイナス。
3の方向に向かえば良いと思います。

もちろんこれは、カップ麺の事だけではなく、日常の思考に大きく影響すると思います。

僕にとっては音楽。
あまり、俺のカラーはこうなんだ!。と思いつめ過ぎると、結局はその考えに縛られ、進歩の妨げになりそうです。
それが、3みたいに物事の良さを極める方向に向かえば、良い事ですが。

僕は、ひとりで弾く時は「厳」のサウンドを目指しますが、ユニットではもって柔らかく…。

そして釜谷デーもこだわりません。いろんなジャンルの方に演奏して貰いたいです。
唯一こだわるとすれば、「楽しむ」という事。

では、「こだわる」を別な言葉で置き換えるなら何でしょう?

いい言葉が載ってました。
それは…

「心をこめる」

です。

そう、僕は心をこめた音楽をしようと思います。

|

« 本当のボランティア | トップページ | 最近の夜の楽しみ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214381/40068307

この記事へのトラックバック一覧です: こだわる→心を込める:

« 本当のボランティア | トップページ | 最近の夜の楽しみ。 »